ゲーム業界の将来性

トップページ » ゲーム業界での将来性をプラットフォーム別に見る!

ゲーム業界での将来性をプラットフォーム別に見る!

プラットフォーム別に今後を見よう
プラットフォームというのは、開発されたゲームの配給先を指します。
ここでは4つのプラットフォームについて、それぞれが今後どうなっていくかを考えてみようと思います。
少し前までなら、ゲーム開発と聞いて真っ先に思い浮かぶのはコンシューマでしたが、最近はスマートフォンの台頭があり、求人情報でもスマートフォン向けのゲームアプリ開発が非常に多くなりました。



スマートフォン
スマートフォン
電車に乗っていれば、携帯電話でゲームをやっている人をたくさん見かけます。中には40代以上のおじさんおばさんもいるのです。今やそれほどまでにゲームアプリは浸透しており、お手軽に遊べることから年代問わず幅広い層で人気を得ています。お手軽なのはユーザーだけでなく開発側もです。お手軽と言うと語弊があるかもしれませんが、その気になれば一人でも開発できるのがスマホアプリの良いところです。開発規模が小さいのはメリットと言えるでしょう。規模が小さいと言うことは、それだけコストが掛からないということに繋がります。




コンシューマ
コンシューマ
コンシューマとは、主に家庭用ゲーム機のことを指し、プレイステーションやXbox、ニンテンドーDS 等が該当します。ゲームクリエイターというと、まず思い浮かぶのがこれですよね。一般的に有名なゲーム会社は、コンシューマ向けゲームの開発をしているところがほとんどで、誰でも名前を知っているような有名企業も多くあります。一方で、ソフト開発に秀でた中小企業(デベロッパー)もあり、こちらは会社の規模が小さいことが多く、大企業と比べると早い内から、重要な業務を任されることもあるかもしれません。




パソコン
パソコン
パソコン用のゲーム開発事業です。ゲームプラットフォームとしては非常に期待されており、強力な成長をしているようです。パソコンをゲームのプラットフォームとして見ると、高スペックによるリアルタイム性のあるオンラインゲームの人気や、高解像度への対応等、他のプラットフォームよりも優れた部分が目立ちます。
また、パソコン用ゲームに多い、サウンドノベル形式のゲームの場合は、開発コストが比較的低いのも特徴で、中小や零細企業がそれらのソフトを開発していることが多いです。




アーケード
アーケード
主にゲームセンターやアミューズメント施設にあるゲームのことをアーケードゲームと言います。クレーンゲームや体感ゲーム等、ゲームの筐体が大型のものが多いです。最近は増税等のあおりを受け、ゲームセンター等の施設に人が集まらなくなってきているようで、閉店するゲームセンターが多いのが現状です。ゲームセンター側は、年配の方向けのサービスを開始したり、基本プレイが無料のゲームを設置したりと、工夫をしているようですが、今後はどうなっていくことが予想されるでしょうか。








転職エージェント紹介

転職活動は、転職エージェントのサポートを受けるとスムーズに進みます。
求人数で見ると、スマートフォン向けゲームアプリ開発の求人が他のプラットフォームに比べて多いです。ゲーム会社への転職支援に精通している転職エージェントを利用しましょう。
WEBやゲーム業界の求人が多いエージェントを利用すれば選択肢が広がるでしょう。


レバテックキャリア
レバテックキャリア
企業の現場情報に精通しており、理想的なマッチングを実現!
年間で3000件以上も、企業との情報交換の場を持ち、現場で必要とされているスキルを全て把握しています。後悔のない転職ができる可能性が高い転職エージェントです。

アットエージェント
レバテックフリーランス(旧@Agent)
フリーの開発案件はここで探す
フリーのゲームクリエイターが案件を探すなら、こちらの転職エージェントがオススメです。フリーの方専門のサポートを行っており、ゲーム業界の案件数も多いようです。案件が決まってからもサポート体制が続くので、安心して仕事に取り組めます。