職種別:サウンドクリエイター

サウンドクリエイターとは??

サウンドクリエイターとは、ゲームに関する音を作る仕事で、効果音やBGMだけでなく
コマーシャルで使われる音楽や、着メロなどもこの職種が作っていることが多いです。

最近ではサウンドクリエイターには、仕事内容で二種類に分けられることがあり

音楽を作る作曲は、サウンドコンポーザー。
音楽をプログラムに変換するサウンドプログラマー。

の二種類に分類されることが多くなっています。
コンポーザーは作曲に集中し、できた曲をプログラマーがデジタル化するといった役割分担ができている
職種のようです。
コンポーザーや、プログラマーといった呼び方は、企業によって変わったりもするみたいなので
注意が必要です。サウンドクリエイターという名前で統一し、そこからチームごとに振り分けたり
するパターンもあります。

この職種は、他の職種と比べ1つのプロジェクトに割く時間が比較的短く、複数のプロジェクトを
掛け持ちしたり、次々と担当プロジェクトが変わったりする傾向が強いようです。




サウンドクリエイターに求められるもの。

コンポーザーに関しては、やはり作曲のセンスが求められるでしょう。
ゲームのイメージや、キャラクターの感情等を、BGMや効果音で表現するという音楽的センスが
必要になってきます。
また作曲に関してのソフトの知識や操作も必要なスキルでしょう。最近は有料から無料まで様々な作曲ソフトが
あるので、有名な作曲ソフトの知識、操作は学んでおくべきだと思います。

プログラマーに関しては、DTMの知識とそれに関する機材の操作が重要になってきます。
DTMとは、パソコンと電子楽器をMIDIなどでつないで演奏するもので、直接パソコンに楽器で演奏した
音を録音することができます。
入力した音をまとめ一つのBGMにしたり、あるいはそれぞれの音のバランスを調整したりと
録音した音を編集する操作も求められます。

また両方に関してですが、MIDIに対する知識も求められるでしょう。鍵盤や、電子ドラム等を演奏した際の
音の強弱等の演奏情報を伝達する企画で、音の情報でなく、演奏をしたという情報データを記録しているので
あとから音程や音の長さなどの細かい部分を直すことができます。



サウンドクリエイターになるまで。

サウンドクリエイターへ転職するまでに、MIDI検定を取得しておくのはプラスになることだと思います。
絶対に必要な資格や学歴があるわけではない職種ですが、関連するものは取得しておいて間違いないでしょう。
特にMIDIは、サウンドクリエイターにとっては必ずと言っていいほど出てくるものです。

この職種につくパターンとしては、アルバイトやアシスタントとして、先輩クリエイターの下で2〜3年の
経験を積んで、その後効果音といった小さなパートから任されていくといった流れが基本のようです。
自分で作曲したデモテープを色々な会社に送ってみて連絡を待つという方法もあるようですが
やはり、経験や知識が特に必要な職種のようです。

自分のスキルをしっかりと把握し、自分にあう仕事を選ぶことが重要になってきます。
最近では、無料で相談できる転職支援サービスも充実していますので、元現場のプロや
業界に詳しい転職コンシェルジュに無料で相談してみてはいかがでしょうか。




転職エージェント紹介

転職エージェントを利用しよう!
転職エージェントとは、様々な業界に詳しいスタッフと相談し、転職まで、あるいは転職後も
支援してくれるサービスで、豊富な企業情報はもちろん、非公開求人なども多数あります。
さらに面接や履歴書に関してなどもカウンセリングなどでサポートしてくれるので、不安要素を
すべて解決して挑むことができます!! ここではいくつかのオススメのサービスを紹介します。


doda
doda
キャリアアドバイザーによる徹底したサポート体制
自分の希望の就業条件を元に、転職者も気がついてないようなキャリアビジョンを導き出し、 気持ちも満たされる転職を目指します。企業情報だけでなく、履歴書や面接対策、推薦状作成などのサポートも充実!

アットエージェント
@Agent
フリーエンジニアの案件なら
案件の90%以上がエンド企業直請けなので、高単価での提案が可能!!
報酬などの条件は、事前に確認・納得した上での請け負いが可能なので、安心して就業できます!

他の職種に関してはコチラから

●アイデアを出し、実際にゲームを考案する『プランナー(企画)』

●目に見える部分を作る『グラフィックデザイナー』

●映像や音を実際にゲームとして動くプログラムを作る『プログラマー』

●完成後の作品をテストし、バグを見つけ出す『デバッカー』

●開発スタッフをまとめ、工程や進行管理をする『ディレクター』