職種別:ゲームプログラマー

ゲームプログラマーとは??

ゲームプログラマーは、デザイナーやサウンドクリエイターなどが作った素材をプログラミングし、
実際に動くようにする完成を担う仕事です。
自然なキャラクターの動きや、プレイヤーの操作性、ゲーム機ごとのデータの容量など
一番細部まで考えなければならない為、ゲーム制作チームの中で最もPCに精通していなければならない
職種です。

特にプログラミングは、少しのミスで動かなくなることも多々あるので、小さなミスを見逃さないよう
最新の注意が必要なので、精神力、体力ともに必要となってきます。

作る対象(WEB向け、スマホ向け等)によって必要な言語が変わってくるので、それによって使う言語が
変わってくるので、転職する際には何を求められているかを把握するのが大切です。




ゲームプログラマーに求められるもの。

求められるものは、やはりプログラミング言語の知識です。
今では様々な言語があり、用途によって求められる言語も様々なので、自分がどういったプログラマーに
なりたいかを明確にし、それに応じたプログラミング言語を身につけることが必要になります。

今では、コンシューマーゲーム(家庭や個人用に向けたゲーム機、ソフト)に使われるのはC++
主にSNS上で提供されるオンライン、ブラウザゲームやスマホアプリはJavaJavascriptObjective-C
などが主な言語として使われているようです。

     

ゲーム機ごとの容量が決まっていますし、なおかつ操作性や動きなどもクオリティの高いものが
求められるので、効率的かつ、高性能なプログラミングを組むバランス感覚が必要となってきます。
感覚を身につけるには、やはり反復して取り組むことだと思うので、日頃から自分でプログラミングを
行うことが大切でしょう。




ゲームプログラマーになるまで。

資格としては、「基本情報技術者」の資格はあった方がいいと思いました。
企業側からすると、とりあえず基本は分かっている。との判断基準になりうるからです。
また世界中をターゲットにするゲームの開発だと、「TOEIC」も役に立ってきます。

後は日頃から些細なものでも、ゲームを作るという感覚を養っていくことが大事だと思います。
効率的なプログラムを組む練習にもなりますし、面接の際にはその作ったプログラムがそのまま
自分のポートフォリオにもなるからです。それで自分の得意分野、苦手分野も見えてくるので
苦手分野を克服し、得意分野を企業へアピールすることができれば転職への近道だと思います。

言語は様々で、一つの物を作るのに、二つの言語が使えるといったこともあるでしょう。
プログラムに関しては、ややこしいことが多いので、今多く使われている転職支援サービスを
利用してみてはいかがでしょうか。



転職エージェント紹介

転職エージェントを利用しよう!
転職エージェントとは、業界に詳しいスタッフと話し、相談することであなた一人一人にあった転職情報を
提供してくれるサービスです。
自分が今できること、考えていること、やりたい仕事などを相談し、そこからどうすれば
自分の就きたい仕事に転職できるかを徹底的にサポートしてくれます。
ここではオススメのサービスをいくつか紹介します。


doda
doda
クチコミ転職者満足度NO.1
企業の人事担当者などとの強いリレーションがあり、企業が求めるスキルや社風など幅広く把握しています。 一般に公開していない非公開求人やdodaのみでしか扱っていない求人も多くあり、 理想の企業に出会う選択肢が広がります。

アットエージェント
@Agent
フリーの案件探しならこのエージェント
フリーへの転職をお考えならこちらのエージェントがオススメです。
参画までのサポートはもちろん、参画中も経験豊富なコーディネーターがサポートするので安心です!!

他の職種に関してはコチラから

●アイデアを出し、実際にゲームを考案する『プランナー(企画)』

●目に見える部分を作る『グラフィックデザイナー』

●ゲーム内で流れる音や音楽を作る『サウンドクリエイター』

●完成後の作品をテストし、バグを見つける『デバッカー』

●開発スタッフをまとめ、工程や進行管理をする『ディレクター』