職種別:ゲームプランナー

ゲームプランナーとは??

ゲームプランナーは、『ゲームクリエイター』『企画』と呼ばれることもあり、新しいゲームを考える最初の発案者です。
自分の中にある新しいゲームのアイデアをもとに企画書を作り、それをプログラマーやデザイナーなど
他のチームに伝えるために、プレゼンを行い企画を進めていきます。

企画が通ったなら、次は仕様書作りです。実際にそれを元にゲームを作っていくので、詳細なルールや
ステータス必要なオブジェクトのリストなど、作るもの、使うものの全ての仕様のリストを作っていきます。
その仕様書を元に、デザイナーやプログラマーがそれぞれ担当するものを作っていきます。
その後完成されたものを、プランナーがチェックし、そこから何度も修正や調整を行い、ゲームの完成となります。

その間も忘れてはいけないのが、制作する上での時間管理です。
スケジュールに気を配ることが大事で、問題や曖昧になっている部分があれば、方針を決めるのは基本
プランナーの役目です。
ゲームを作るのはチームなので、それぞれのチームがスムーズに連携をとり、情報の行き違い等で
時間のロスにならないように努めないといけません。その潤滑油の役目でもあるのがゲームプランナーです。




ゲームプランナーに求められるもの。

ゲームプランナーは、最初の企画段階なので、自分の頭の中にあるものがしっかりと説明できる情報伝達力が
必要になります。
せっかくいい企画が浮かんだとしても、その良さ、魅力を他の人に伝えられないと意味がないですからね。

市場の動向や、流行を捉える情報収集力なども必要になってきます。
最新情報をいち早くチェックし、今人気とされているものを取り入れることがゲームを作るにあたって
必要となってくるからです。

また、上でも書いたように、時間管理も重要です。やはり、商品を出すにあたって期限は出てくるものなので
決められた時間までにできるように、スケジュール管理をしなければなりません。
その為には、いくつにも分かれているチームの連携を取り、時間のロスを少なくするのも重要になってきます。
特にプランナーは多くの人と関わる仕事なので、コミュニケーション能力が必要です。

逆に、資格に関しては、これを取っていないとダメ。というものは無いようです。
もちろんプログラミングができたり、デザインができるといった方のほうがチームの連携も楽になるでしょうし
あった方がいいのは確かですが、特に重要視されるのは『コミュニケーション能力』『情報伝達力』のようです。




ゲームプランナーになるまで。

ゲームプランナーになりたいがどうしたらなれるか分からないという方は、まずはさまざまな知識を
身につけることをお勧めします。
理由は、プログラムやデザインの知識があればいいのは確かですが、これといった確実な正解がないからです。
興味のあるプログラムなどプランナーに関する知識を勉強しつつ、息抜きなどで本を読んだり、映画をみたりと
様々なところから知識を吸収できればいいのではないかと思います。
ゲームを1から考える仕事なので、色々な知識が役に立ってくるでしょう。

また、色々な人と接し、コミュニケーション能力を身につけるのがいいでしょう。
職場の上司と話したり、な友人と話したりと、方法は様々ですが、プランナーは特に多くの人と話すことが
重要になってくるので、必要になってくるスキルです。

ゲームプランナーは、入社後すぐにプランナーとして働くというよりは、プログラマーや、デザイナーなどで
数年働いて、関連する経験を積んでプランナーに昇進。といった流れが多いみたいです。
なので、まずゲーム機器会社やソフト制作メーカーなどのゲーム制作関連会社の企業へ就職し
経験を積むのが定番なのかなと思いました。

また最近では、業界に特化したエージェントサービスがあり、豊富な知識をもったエージェントが
無料でサポートしてくれるサービスもあるので、次の項目で紹介します。



転職エージェント紹介

転職エージェントを利用しよう!
知識や経験だけでなく、スタッフとのコミュニケーション能力や進行管理等、さまざまな力が求められる
プランナー。ある求人からどんどん受けていくといったものより、自分にあった場所を早く決められることに
越したことはないと思います。
IT業界には様々な企業があり、就職、転職となると迷うこともあると思いますし、そんなときは、抱え込まず
専門知識を持つ人に話すのが一番です!
ここではオススメの転職エージェントを紹介します。


ワークポート
ワークポート
ゲーム業界転職ならこのサービス
ゲーム業界への転職ならここ。と、転職業界内では言われるほどのサービスで、IT業界にしぽって 専門にすることにより、よりITに特化した豊富な知識とサポートを提供してくれるサービスです。

レバテックキャリア
レバテックキャリア
関東圏に強いIT専門転職支援
現役のエンジニア講師を呼び、最新のIT知識を身につけるために講習をしており、キャリアコンサルタントのIT知識が高い。そのため持っているスキルをしっかりと理解し、適切な転職支援を受けることができます。

他の職種に関してはコチラから

●目に見える部分を作成する『グラフィックデザイナー』

●映像や音を実際にゲームとして動くプログラムを作る『プログラマー』

●ゲーム内で流れる音や音楽を作る『サウンドクリエイター』

●完成後の作品をテストし、バグを見つける『デバッカー』

●開発スタッフをまとめ、工程や進行管理をする『ディレクター』