職種別:ゲームディレクター

ゲームディレクターとは??

ゲームディレクターは、ゲーム全体の企画から、予算や人員の配分
スケジュールの調整、プロモーションなどの、全般に関わる統括責任者です。

ゲームを客観的にチェックし、スタッフへアドバイスを与えたり、意見の衝突などが
でればそれをまとめるのも仕事です。常に全体を把握し、納期などを考えて
チームごとの動きをまとめなければいけません。

直接開発自体に関わることは少ないですが、判断等もディレクター次第になることも
多く制作全体への影響力が大きい職種です。

ゲームプロジェクトに対しての重大な統括者になるので、自分の手がけたゲームが
世に出るというを考えると、大変ですが大きなやりがいになる仕事でしょう。




ゲームディレクターに求められるもの。

必要な資格などは特にないようです。しかし、ゲームディレクターは特に人気が高く競争率の激しい
職種となっています。

プログラマーやデザイナーなど、様々なチームを一つにまとめ上げて一つのプロジェクトを
進めていかなければならないので、人をまとめる力や、コミュニケーション力が重要視されるでしょう。

客観的に物事をみて、自分が面白いかはもちろん、他人も面白いかを考え、その理由を追求、分析できる
力が必要となってきます。自分の感性に固執せずに、色々な意見をプロジェクトのチーム全体で
検討する姿勢を作り上げる統率力が求められます。

また最近の流行をすぐ察知し、それをいち早く取り入れる能力もあった方がいいでしょう。
ゲーム業界が流行の入れ替わりも激しいので、それについていかなければ売れる作品を作るのが
難しくなってくるからです。




ゲームディレクターになるまで。

人気が高く、競争率の激しい職種なので、実務経験がない場合入社後即ディレクター職というパターンは
あまりないようです。その場合は、プログラマーやデザイナーなどで、いくつものプロジェクトに関わって
経験を積んだあとにディレクターへと昇格するのが一般的でほとんどのようです。

競争率が高いので、業界に全く関わったことのない仕事からの転職は難しいと思います。まず関連する
仕事につき、そこからディレクターへ上り詰めることを目指してはいかがでしょうか。

自分自身では、何が向いていて、何が向いていないのかは気がつきにくいものだと思います。
最近の転職サービスでは、業界知識を豊富に持ったスタッフがいますので、そういったサービスを利用して
どの職種からディレクターへと近づけるか相談し、目標への近道にすることをお勧めします。




転職エージェント紹介

転職エージェントを利用しよう!
その業界に特化した知識をもつスタッフが、その全てを使いあなたにあった求人をご紹介します。
また、求人紹介だけでなく書類作成や、面接などの対策も徹底サポート!あなたのもつ不安を
全て解消してから転職へと挑むことができます。もちろんサービスは無料!
ここではお勧めの転職サービスをいくつかご紹介します。


レバテックキャリア
レバテックキャリア
関東圏に強いIT転職エージェント
キャリアコンサルティングのIT知識が高く、変化の激しいIT系の転職市場も
最新情報をお届けします。一人一人が満足できる質のよい転職支援サービスを
提供します!!

ワークポート
ワークポート
転職決定人数部門第一位
広いIT転職業界内で、知識が豊富なキャリアコンサルタントが多く
的確な転職支援をしてくれるなどのITエージェント特化型エージェントならではの
好評価な噂が流れるほどで、どんどん知名度の上がっている転職サービスです!

他の職種に関してはコチラから

●アイデアを出し、実際にゲームを考案する『プランナー(企画)』

●目に見える部分を作る『グラフィックデザイナー』

●映像や音を実際にゲームとして動くプログラムを作る『プログラマー』

●ゲーム内で流れる音や音楽を作る『サウンドクリエイター』

●完成後の作品をテストし、バグを見つける『デバッカー』