職種別:グラフィックデザイナー

トップページ » ゲーム会社で働く為の職種別仕事解説 » グラフィックデザイナー

グラフィックデザイナーとは??

グラフィックデザイナーは、コンセプトを考え、上がった企画を元にシナリオ作り、アイテム
背景など、ゲームをしていて目に見えるものをデザイン、構築する職業です。
キャラクターデザインそのものはイラストレーターや漫画家が制作したものを使う場合が多く
その原画を元にキャラクターや、アイテム、背景などをイメージに沿ってCG制作します。

  

ゲーム機の性能によって使える色数が限られるので、その制約の中でより綺麗なものを作り出して
いかなければなりません。
プランナーやディレクターが出した世界観を実際に目に見えるように構築する仕事なので
幾度ものコミュニケーションをとり、完成に近づけていく仕事です。




グラフィックデザイナーに求められるもの。

これが必須!!といった資格は特にありませんが、やはりデザインやセンスを重視される職業なので
CG検定や、マルチメディア検定などの資格を取得しておくと、面接の際のアピールポイントに
なるのではと思います。他には情報処理技術者や、基本情報技術者などもあると良いでしょう。

最近は、制作ツールの技術の進歩も早いので、常に新しい技術を取り込もうとする意欲も重要です。
新しいツールを取り入れることによって、時間短縮などに繋がります。
納期はやはりあるので、時間短縮は重要視しなければなりません。

あとはやはり、根気ですね。キャラクターを動かすにしても、光の当て方や、動きの滑らかさ
カメラワークの演出など、無数にある表現を一つ一つ地道に試していかないといけません。

そしてチーム作業なので、協調性も大事です。会話を通じて、プランナーのイメージする『何を表現すべきか』
をより洗練させられる理解力、相手の意見を受け入れる柔軟性といったコミュニケーション力は必要ですね。




グラフィックデザイナーになるまで。

プランナーのイメージを現実化し、それをプログラマーに伝えて動きにするという流れで作られるので、
相手の伝えたいことを正確に受け取る理解力と、それをプログラマーに伝える表現力
つまり、総合的なコミュニケーション能力が求められます。転職するまでに、たくさんの人と会話をし
聞く力、話す力、想像する力を身につけるといいでしょう。

また色々なデッサン力が求められるので、一つの分野を書く力。というよりは、様々なジャンルで書いた
自分の提出作品(ポートフォリオ)があると、面接で大きなアピールポイントになります。
(得意なアングルに偏るのではなく、色々なポーズの人物画や、風景、オリジナルの作品等)

とはいえ個人の力ではできることが限られています。今では、専門のエージェントが活躍する転職サイトも
豊富に揃っているので、そういったサービスに頼るのが転職への近道だと思います。
無料で利用できるサービスが多いので、どんどん活用していきましょう。



転職エージェント紹介

転職エージェントを利用しよう!
センスが問われ、プランナーとの連携、プログラマとの連携、細かい作業を繰り返す根気と
地道な力を求められるグラフィックデザイナー。なかなか自分に合った職場を探すのは難しいかもしれません。
業界に詳しい人間に相談し、自分のことを知ってもらった上で、自分に合う転職を導いてくれる
転職エージェントを利用してはいかがでしょうか。
ここではオススメの転職エージェントを紹介します。


レバテックキャリア
レバテックキャリア
あなたのスキル価値はエージェントで変わる
IT業界に特化した転職支援で、主に関東圏の求人が多いサービスです。多くの
求人情報に加え、ネット上にも出回ってない現場情報を使って最大限あなたを
サポートしてくれます。

ワークポート
ワークポート
IT業界専門10年の経験からできるサービス
創業以来、IT業界専門として活動し、蓄積された膨大な業界データやマーケットの
動向レポートをフルに使い、業界専門ならではの強みを活かした高い転職支援
サービスを提供しています。

他の職種に関してはコチラから

●アイデアを出し、実際にゲームを考案する『プランナー(企画)』

●映像や音を実際にゲームとして動くプログラムを作る『プログラマー』

●ゲーム内で流れる音や音楽を作る『サウンドクリエイター』

●完成後の作品をテストし、バグを見つける『デバッカー』

●開発スタッフをまとめ、工程や進行管理をする『ディレクター』