ゲーム会社の仕事を職種別に見る

トップページ » ゲーム会社で働く為の職種別仕事解説

ゲーム会社で働く為の職種別仕事解説|求められる知識やスキル

ゲーム業界の仕事は、実際に働いてみないと、何をしているのかイメージしづらいと思います。
ジャンルの違う数多くの担当がおり、各々が一つのゲームを作成する為に協力し合って仕事をしていくのです。

もちろんゲーム会社にも人事・経理・営業・広報等の仕事が必要ですが、ここではゲームの開発に携わる仕事を中心に紹介します。
ゲーム会社にとっては、商品開発を担当するこれらの職種が要と言っても過言ではないでしょう。
プランナー
プランナー(企画)
アイデアや設計図を考えて、実際にゲームを考案する仕事です。ゲームの作成が始まれば、あらゆる作業のスケジュール管理等、ディレクター的な仕事をすることも。ゲームの企画をまとめる際には文章力が必要であり、各スタッフに作業内容を伝える為に、それぞれの仕事をある程度理解しておく必要があります。
デザイナー
デザイナー
ゲームの目に見える部分を作成する仕事です。デザイナーと一括りに言っても、実際にゲームを作る際には、作業毎に担当が細分化されており、専門的なスキルが必要になります。ツールを使いこなすだけでなく、プログラマーにイメージを伝られることも重要です。

プログラマー
プログラマー
グラフィックやサウンドをゲームとして実際に動くようにプログラムを組む仕事です。ゲーム開発において、あらゆる作業と関わるので、ゲーム開発の中心と言えるかもしれません。上がってきた素材を使い、ゲームを実際に組み立てるのは非常にやりがいを感じます。


サウンドクリエイター
サウンドクリエイター
ゲーム中のBGMや効果音(SE)を作る仕事です。自分の好きな音を作るのではなく、企画の世界観に合わせた曲や音を作れる技術・感覚が必要です。ゲーム作成の全工程に関わっているわけではないので、仕事のスパンは短く、フリーで活躍するサウンドクリエイターが多いです。


デバッカー
デバッカー
開発中、完成後のゲームをテストプレイして、何か問題がないかチェックする仕事です。ゲームが仕様書にのっとって作られているのか、ゲームとして面白いかをチェックしなければいけないので、開発者としての目線、ユーザーとしての目線が必要です。何度も何度もゲームを繰り返しプレイするので、忍耐力が必要です。

ディレクター
ディレクター
開発スタッフをまとめて作業工程や進行の管理を行います。ゲーム開発のリーダー的な存在で、実際に作業工程に関わることはあまりないかもしれませんが、開発中に起こる様々な問題の解決や、ゲームの完成に関わる判断を下したりしないといけないので、ゲーム開発における豊富な知識が必要。企画やプログラマーが兼任することも多いようです。







転職エージェント紹介

転職エージェントを利用しよう!
ゲーム業界への転職は、ITエンジニアの転職サポートに特化した転職エージェントを利用することで実現の可能性が上がります。
ここではオススメしたい転職エージェントを紹介します。


ワークポート
ワークポート
ゲーム業界に強い転職エージェント
転職業界では“ゲーム業界への転職ならワークポート”と認識されている程、ゲーム業界の転職支援に自信を持っています。実際に転職支援をした実績も多く、最もオススメしたいエージェントの一つです。

レバテックキャリア
レバテックキャリア
ゲーム開発求人が大手からベンチャーまで
ITエンジニア専門の転職支援を行っている転職エージェントです。転職希望者にピッタリな企業を紹介してくれることで評判が良く、スキルが重要なゲーム業界においても、ミスのないマッチングが期待できます。